引越し 宅配便

段ボールに詰めて宅急便でのお引っ越し

あまり聞いた事のない宅急便の利用で、安いお引っ越しをされた単身の方からの投稿になります。有難うございます。


引越し代を節約することには、できるだけ自分荷造りなどをしました。

もっともわかりやすいところでは、ダンボールを置いてあるスーパーからそれを貰ってきます。

いずれも使ったあとのダンボールで、たたんで台車に積み重ねており、それを店員に一声かけて、貰って帰ります。

台車には、50枚ぐらいまで重ねてあります。

もともと野菜が入っていたもの、菓子が入っていたものと、用途サイズ種類がそれぞれ異なっています。
キャベツやハクサイのように、水分を含む食品が入っていたものは、そのまま梱包しているため、箱の中に切れ葉が残っていたり少し湿っていたりします。


その点、菓子の場合には、パッケージで梱包され水分を含まないため、よい状態の箱が多くなっています


3辺サイズとして、高さのない、やや平べったくなったものを見かけますが、探してみるとある程度高さのあるものがあります。

高さのあるほうが詰み入れやすい箱ですが、どのくらい詰め込む予定であるかにより、そのサイズを推し量ります。

持ち帰ったら、それに雑貨や小物を詰め込みます。


送付方法は宅急便が簡便で、料金も低めに抑えることができます

コンビニからでも送付できるようになっているため、箱を持っていき伝票を貼って預けるだけで済みます。


段ボールに詰めれるものは宅急便で配送し、
詰めれないものはご自分で運ぶか、業者に頼まれれば、引っ越し費用を大きく浮かせる事が可能かもしれませんね。

 

サイトマップ