引越しの見積もり交渉

『ぐずぐずしていると、このお値引きチャンスはもう二度とない』
この餌は、うさんくさいと思いますか?それとも美味しそうに見えますか?


引越しの見積もりでいかにもお得で安い(うまそうな)即決料金を提示してくるのには、こんな裏側が隠されています。


業者さんは、訪問見積もり時にその場で契約してくれる事を望んでいます。


なぜなら、他と比較されるともっと良い条件を出してくる業者さんに流れてしまうからです。


本当に安い業者を見極めるためには、いかに、底値の価格で他業者と比較できるかがカギになります。


ではどうすれば底値が分かるのか?

引越し業者さんは、他がいくらで提示しているのかが最も気になります。
そこよりも安くしようとしてきます。

安い業者の事を悪く言い出したら、その会社よりは下げれないという事が判断できます。

最も重要な事は、最も安い会社の見積もり額をベースにして交渉していく事です。

その為には、引越し一括見積もりサイトで一番安い料金の見積もりを前もって知る事が必要になります。


データも取らず、適当な嘘をついたところで、そんな金額はありえない!と鼻で笑われてしまうだけなのでご注意ください。


一括見積もり後には、メールや電話で金額を教えてもらえます。

もし、荷物量を見てみないと、正確な金額は・・と言われた場合は、荷物量はすでに入力しているわけですから、大体の金額を教えてもらいましょう。

業者側が提示する正当な金額がわかってこそ、ようやく交渉のスタート地点に立てました。

その中から安い業者またはお目当ての業者3社から4社(大手と中小を含む)、訪問見積もりに来てもらいましょう。

これは後々のトラブル防止(荷物量の間違い)だけじゃなく、さらに安くするための交渉の場として利用します。


余談ですが、訪問見積もり時には部屋の掃除はしておいた方が良いのでしょうか?

見積もりに来る人は、荷物量を見るだけじゃなく、あなたの人柄も見ています。
この人は、引越しに向けて準備している方だと判断されれば、値引き交渉もスムーズにいきますが、逆なら、引越し日までに本当に荷造り大丈夫かと不安視されてしまいます。

お茶まで出す必要はないですが、訪問見積もり時には可能な限り好印象を与えれる事をお勧めします。

ある程度荷物をまとめておけば、あとは業者さんに段ボールをもらって詰めていくだけになり、荷造り作業の効率も確実にアップしますよ。


引越し料金を安くする交渉術

基本的には引っ越し料金は下げる余地がありますが、値段を下げる理由が無ければ下がりません、というか下げる事が出来ないのです。

何か素晴らしい言葉で相手に響き、よし!ここまで下げましょう!と言ってくれる時は、言い方が良かったのではなく下げる理由が見つかった時です。

下げる理由としてはまず客観データの用意、あとは業者さんが、近くにもう一軒引越す予定があり、まとめれるから安く出来るとか、何か安くなる条件を提示してきてくれます。

つまり、安くなる条件とは引越し業者にとってのメリットです。


土日・祝日の午前便は一番料金が高くなりますが、
平日の午後便なら安くなります。

月末より月初の方が安くなります。
20〜月末は賃貸の〆日の関係で高くなります。

これらは、引越し業者の空いている日時に合わせてあげるという条件で安くなります。業者にとってのこの上ないメリットでしょう。

「お引越しは、お荷物の重さではなく、トラック一台につきお値段がかかります」
大きいトラックになるにつれ、料金はUPしていきますが、
空いている小さいトラックで往復でも可能であれば、料金を勉強しますと言ってくれる業者もあります。
トラック一台を貸し切れば値段は高くなりますが、引越し方法はトラックだけではなく鉄道を利用したコンテナ便というのもあります。

引っ越し日や時間を変更すれば安く上がるとか、臨機応変に安くする方法を模索してもらいましょう。

もちろん、飲めないものは飲む必要はありません。

こちら側が欲しいのは、どんな条件であればいくらまで下がるのかという事実だけです。

その金額を元に、他業者との安くする交渉に入れます。
「この会社はこんな内容でいくらまで下げてくれたけど、あなたの場合はいくらになるのか?」
「あなたの会社はサービスは良いけど、料金がこれだけ高い」と。


その中で、最も良い条件+安い料金を提示してくれる業者にお願いしましょう。


業者側が即決という餌を用意するのであれば、こちら側も同じ方法を使いましょう。
「この値段まで下げてくれるなら、今すぐ即決します」と。

相場すらも分からない
最初の段階とは違い、この時点ではすでに最安値が分かっていますから、もうためらう必要はありませんね。


 

サイトマップ