佐川の引越し部門と運送部門の違い

佐川急便で引っ越しする方法は荷物によってコースが変わる

大手運送会社の佐川急便は、運送と引越し(SGMoving)の2つの部門に分けられています。

運送部門は宅急便などを、SGMovingは引越し業務全般を取り扱っています。


どちらも荷物を運搬するという点ではほぼ同じですが、異なるところも少なからずあります。


まず佐川急便に引越しを依頼した場合、基本的に窓口などを通じてSGMovingが作業を担当することになります。

見積もり時もSGMovingのほうから連絡がきますが、利用時にはこの違いを意識する必要はありません。




また、運送部門にはない引越し専用のコースも複数用意されています。


一人暮らしに向いた単身カーゴや、荷物のみを運ぶチャーター、そして梱包もしてもらえるまるごとおまかせプランなど、様々な引越しに対応したコースがあります。


引越し専門部門ですから、荷造りから必要資材の配布、建物の養生までお任せできます。

料金はコースや移動距離などに応じて変わりますが、荷物の量が多い場合は、これらのコースを上手く活用しましょう。



佐川急便では、引越しの荷物を運送部門で配送してもらうことはできません。


家電や大型家具だけの場合でも、運送部門は法人のみで個人の場合は引っ越し部門(SGMoving)が請け負う事になります。



しかし、ダンボールを宅急便で発送してもらえば引越しの荷物を運ぶこともできます。



例えば、単身カーゴで積みきれなかったダンボールは宅急便で送るということです。


その時の状況にもよりますが、ダンボールの個数が多い場合には検討してみても良いでしょう。



ダンボールのほとんどを宅急便で送り、家具や最低限の荷物は各引越しコースを利用して送ることも可能です。

宅急便との併用とどちらが安く済むか、担当者に聞いてみましょう。




基本的に運送業と引越し業の違いは、荷物の荷造りを行うか、行わないかの違いだけです。
運送業者の場合は、自身で荷造りを行っておかないと運搬不可の場合が多いため、もし利用される場合は、引っ越し業も兼ねている運送業者でお願いしましょう。

また、料金の計算方法が同じでも、時期や引越し荷物によって料金が変わるため1社に絞らず複数での見積もり比較を行うようにして下さい。

 

サイトマップ