引越し 相見積もり

強気で交渉するよりもうまく取り入れたい。引越し業者の営業マンを。

お金を支払うとはいえ、相手あっての事です。そんな引越しの見積もり交渉術を語ってもらいました。ありがとうございます。



経験した人ならわかると思いますが、引越しというと結構大掛かりな作業ですよね。


こまごまとしたものを梱包して運び出すだけでも大変なのですが、
それ以上に業者を決めて値段交渉をして決定をするとうプロセスが大変です。


というのも、作業は自分たちだけで完結できるのですが、値段交渉などは相手のあることです。
自分の思い通りにいかないこともあるので注意が必要です。


こうした交渉をできるだけうまく進めたいのであれば、やはり相見積もりが重要だと思います


相見積もりとは、
同じ条件で複数の業者にお見積もりをお願いすることになります。


ここには当然競争原理が働きますので、仕事が欲しい業者であればできるだけ安い価格を提示してきます。
この競争を利用するわけです。


私の場合は、同じ日の別々の時間に業者交渉をしました。

もちろん両方ともに相見積もりであることを丁寧に伝えています。


ここで、高飛車にでるのではなく、
相見積もりなので価格が合わないと申し訳ないがお願いできないかもしれないというくらいに伝えておくことが大事だと思います。


あまりプレッシャーをかけると、お互いにとっていい仕事にならないと思うからです

私の場合は、価格がでても即決はせず、両方の価格を双方に伝えました。

その上で、仕事の内容、条件などを引き出し、価格にサービスを加味した上で決定をしたのです。

結果的に、当初のお見積もりの半額くらいになりましたし、さらにゴミの回収までつけてもらえたのでとてもお得に引っ越すことが出来たと思います。


・金額だけじゃなく、サービスを付けてもらうために相見積もりをとってみる。
・最大限サービスを引き出すために、営業マンを味方にする
・その後、サービスや割引金額はしっかり見積書に記載してもらう。


こちらの方は、アリさんマークの引越社のご利用ということですが、
相見積もりをとった事によって、最初の金額より半額の料金で無事引越しができたようで何よりです。

その上、ゴミの回収サービスまで付けてもらえればもう言う事はありませんね。
おめでとうございます。


 

サイトマップ