長距離 引越し 混載便

アリさんマークの引越社に混載便を勧められ

アリさんで混載便を利用された方の体験談です。投稿ありがとうございます。

安くなった理由:混載便
減額値:80000円DOWN



一人暮らしの荷物なら、日通やヤマト運輸がやっている「単身引越しパック」がお得ですが、

2人分の荷物というのは中途半端な量で、安く済ませるのは案外難しいもの・・・ですよね。



最初は単身引越しパックを複数使おうと考えたのですが、

パックが3〜4つ以上の量になると、高くつくので、
トラック一台貸切の普通の引越し便を考えるようにしました。


しかし、
トラック一台を貸し切る通常の引っ越し便では、荷物が少ない分、割高になってしまいます。


そんな場合には、
「混載便」がお得だと、見積もりを依頼した「アリさんマークの引越社」の担当者に教えてもらいました。


東京から大阪のように多くの人が引っ越す地域の場合、

他のお客さんの荷物を運ぶトラックに自分の荷物を便乗させてもらい、
輸送コストを下げることができる
という方法が「混載便」です。


私たちの引越も、ちょうど東京から大阪への引越だったので、
アドバイスをしてもらえたというわけです。


混載便のメリットは、費用が貸切トラックより安くあがることです。

デメリットは、スケジュールが読みにくいということ。

つまり、
他のお客さんの引越しにも合わせて輸送してもらわなくてはならないのです。


集荷は希望の日にしてもらえるので、自分のサイドで引越日は決められますが、
長距離輸送する日が他のお客さんの都合も含めて決まってしまうのです。


つまり、
荷出しはしても、いつ引越先に到着するかは自分で決められないということです。



私たちの場合は、幸い両親宅への引越だったので、
生活必需品が両親宅に揃っていたため、この方法をとることができました。



おかげで、
東京から大阪まで貸切トラックだと15万円以上と言われた代金を7万円に抑えることができました。


肝心の引越し内容も
スタッフは手慣れており、少なめの荷物なので、荷出しも運び込みも、とってもスムーズに済みましたし、

どうしても、料金を安くあげるのであれば、混載便という方法も視野に入れてみてください。

満足度の星の数は4個


混載便はあくまでも料金の安さを優先したい方向けのプランですが、

他の方の荷物も一緒に運ぶので、補償内容はしっかりと確認してください。
(例:調味料のふたがしっかり閉まっていなくて、荷物が水浸しになってしまった・・・など。)


 

サイトマップ